Running Sports

マラソンの記録を左右する3大要素の2つ、LT値と最大酸素摂取量VO2Maxを計算。

投稿日:2016-02-08 更新日:

 

4月初めに行われるベルリンハーフマラソンに向けて、準備を進めているベルリン在住エンジニアです。大会に向けて以前購入したマラソンの本を再びよんで、復習しているとマラソンの記録を決める3大要素に目が止まりました。そういえば、自分が使っているGarmin Fenix3がアップデートされて、その値が測定できるようになっていたので気になって調べてみると、計算式である程度予想できることがわかりました。もし気になる方は計算してみてください。

スポンサーリンク

マラソンの記録を左右する3大要素とは?

 

マラソンの記録を左右する3大要素とは、

  1. 最大酸素摂取量(VO2Max)
  2. LT値(乳酸性作業閾値: Lactate Threshold)
  3. ランニングエコノミー

この3つだと言われています。

 

最大酸素摂取量VO2Maxとは?

マラソンには酸素が大量に必要になります。その酸素をどれだけ体内に取り込めるかがランナーにとって必須の要素であり、この体内に取り込むことができる最大の酸素の量を最大酸素摂取量と言います。3つの要素の中でもこの要素が一番大事だとも言われています。

 

LT値とは?

LT値とは乳酸性作業閾値の英語Lactate Thresholdの略です。走るときにエネルギーとなる糖が分解される過程で生まれる物質である乳酸が、急に溜まり始める地点(LT)をLT値と言います。この値を超える速度で走ると、急に疲労が溜まり始めます。このLTの速度が速い人ほど長距離走の記録がいいと考えられています。

 

ランニングエコノミーとは

ランニングエコノミーとはいかに効率的な走りができるかというもので、ランニングのフォームの良さを判定するものです。例えば、上下に跳びはねるように走ると無駄にエネルギーを使っていることになるので、ランニングエコノミーは低くなります。

 

 

最大酸素摂取量VO2Maxの計算方法

普段GarminのFenix3を使って距離やペースを測定しているのですが、これがVO2Maxも測ってくれるので計算はしたことありませんでした。僕はいつも52ほどですが、トップマラソンランナーはこの値が約80です。次元が違う。。。

 

これらの腕時計がなくてもこれまでの記録から計算できるようです。計算式は以下。

最大酸素摂取量 = ([12分間で走行した距離(m)] – 504.9)÷44.73

 

過去の結果から計算してみるとほぼGarminの予測と同じになりました。

 

最大酸素摂取量はこちらで計算できます。便利なものをありがとうございます!

 

 

LT値の計算方法

これも同様にGarminのFenix3で測定できます。ただし、特定のトレーニングをしなければ、ならないのでまだやってません。今度測定して見たいと思います。

 

LT値の計算式は

AT = {最大心拍数(220-年齢) - 安静時心拍数} × 0.75 + (安静時心拍数) 

 

この計算には安静時心拍数が必要になります。

安静時心拍数は、朝起きた時の心拍数です。一般的に男性は60~70で、女性は65~75程度のようです。スポーツをやっている人ほど、これが低くなります。トップランナーは30台だそうです。

僕も測ってみましたが、45~50ほど。意外と低い。すぐ息上がるのになんでだろう?身長が比較的高いから?

 

この値から計算したLT値は156になりました。心拍数156前後が自分に最適なトレーニングエリアになりそうです。

 

 

まとめ

知識は得たあとは、トレーニングしてこの値を上げていきましょう!客観的に判断できる指標で自分が成長しているチェックしてみてください。

 

[参考: ランニングに必須のGPS時計。Garmin Fenix3の長所!]

 

これらの値は詳しくはこれに乗っています。これを見るとマラソンを見るのがさらにおもしろくなると思いますよ!マラソン好きはぜひ、読んでみてください!

 

使っている時計はこれです。これで、ほぼすべてのことができます!ランニングエコノミーも計測できるので、完璧です!

-Running, Sports
-,

*

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ランナーにも最適。ジムで薦められたTRXトレーニングとは

  以前通っていたジムに再度入会しようと思い、ジムに行ったところ、退会後6ヶ月は入会できないと言われました。悔しそうにしていると、そのジムのトレーナーの人から、TRXトレーニングをやってみた …

アップダウンが激しいドイツのRennsteigマラソンに参加します!

  ドイツでアップダウンが激しくてキツイと有名なRennsteigマラソンを知っていますか? 今年の初マラソンはこれにしました。Rennsteigはドイツの中央あたりに位置しています。ここに …

暗くて寒い冬に、朝起きて走るための8つのヒント!

  以前、朝運動する有名人について書いたように(参考:世界の有名人の朝のルーティーン)、朝運動している有名人は多数います。しかし、冬に、暗い中起きて寒い外を走るのはかなり大変で、ベッドから出 …

ベルリンのキャンプ専門店Camp4で物欲が止まらない!

アイスランドでのキャンプに向けて、道具を揃えているキャンプ好きエンジニアです。今日は、天気もよくサイクリング日和だったので、のんびりアレクサンダープラッツの近くにあるキャンプ専門店Camp4に行ってき …

ベルリンから行けるオススメのサイクリングロード、Havelradweg

  やっと冬が終わりかけてきたドイツ。サイクリングに行きたくなってきました。ベルリンの周辺は平地で、たくさんの素晴らしいサイクリングロードがあります。本日はその中の1つ、Habelradwe …

ベルリン在住エンジニア。
海外でキャンプしたり、マラソンに参加したりしてます!

プロフィール詳細