Africa Travel

アフリカ最高峰、キリマンジャロへ登ってきました!Part4

投稿日:2016-12-10 更新日:

 

アフリカの最も高い山、キリマンジャロ。標高5895m。その頂上に立ってきました。6泊7日のハイキング。今回は頂上アタック編です!ここからが本当の地獄!

Part1→http://inokatsu567.net/kilimanjaro-part1

Part2→http://inokatsu567.net/kilimanjaro-part2 

Part3→http://inokatsu567.net/kilimanjaro-part3

 

スポンサーリンク

旅程

Day1:マチャメゲート(1790m)→ マチャメキャンプ(3010m) 4時間
Day2:マチャメキャンプ(3010m)→ シラキャンプ(3845m)  5時間
Day3:シラキャンプ(3845m)→ バランコキャンプ(3960m) 6時間
Day4:バランコキャンプ(3960m)→ カランガキャンプ(4035m) 3時間
Day5:カランガキャンプ(4035m)→ バラフキャンプ(4700m) 5時間
Day6:バラフキャンプ(4700m)→ 頂上(ウフルピーク)(5895m)→ ムヴェカキャンプ(3100m) 15−20時間
Day7:ムヴェカキャンプ(3100m)→ ムヴェカゲート(1690m) 4時間

 

Day6 バラフキャンプ(4700m)→頂上(ウフルピーク)(5895m)→ムヴェカキャンプ(3100m) 15−20時間

深夜23時起床。昨日昼に体調が悪くて仮眠したせいでほとんど眠れませんでした。18時に寝袋に入ったのに21時まで寝れず、睡眠時間2時間で頂上へアタック。

 

頂上アタック装備

上半身

下半身

上記の服装で登りました。
バックパックには水と食料。ヘッドランプは必須です。

 

六日目の登山開始

暗闇の中、深夜12時にキャンプをガイドのアレックス、サブガイドのデイビッド、妻と自分の4人で出発。
登山中、渋滞になることがあるらしいので、他のグループより早めに出発しました。

 

スタート地点は標高4600メートル。山頂近くのステラポイントを経由し、頂上のウフルピークの5895mを目指します。

 

始めのほうはまだ余裕。あたりは真っ暗で、ヘッドランプ1つで登っていると星がよく見えます。
高度が高いので上だけでなく真横、もしくは下に星が見える。とても不思議な感覚。

 

山の不思議

暗闇の急な斜面を登っていると、まるで星に向かって歩いているようでした

妻にそれを言うと、

「何、詩人ぶってるの!」

と馬鹿にされました。心からそう思ったのに。。。
しかし、驚きです。ロマンの「ロ」の字も出てこないような自分からこういう言葉が出てくるなんて。

世界の果てまでイッテQ!のキリマンジャロ登山の時に、ADの方が言っていました。

 

「不思議だね」

 

山は人を変えるようです。

 

 

自分との戦い

歩きはじめてから1時間。
傾斜はとても急ですが、足元しか見えないので、どれほど急なのかわかりません。ただ一歩一歩足を前に運ぶだけ。
この時点で軽い頭痛がありました。また、バックパックの横にさしていた水が凍り始めています。気温は0度以下。

 

歩きはじめてから2時間。
やはり酸素がかなり薄いので、少し力を入れて段を上がるだけで息が激しく切れます。呼吸がこれまで経験した事ないほど苦しい。マラソンのときよりもキツイ。
全身に酸素を送り届けようと、深く呼吸するがそれでもうめき声が出るほど苦しい。頭痛も止まらない。吐き気もしてきた。
この状態のまま、あと4時間も頂上まで歩き続けると思うと心が折れそうでした。

 

さらに高度が上がり、標高5000メートル突破。
このころ深夜3時。酸素が足りてないせいなのか、少し眠気も出てきて、数歩歩くごとに目が勝手に閉じてしまう。
ここから何度も心が折れそうになるが必死に耐え、歩き続ける。

妻もここまである程度大丈夫そうだったが、頻繁にガイドに後どのくらいか聞くようになってきた。
辛くなってきたんだろう。頑張って!

 

ステラポイント

朝5時30分。ついに、キリマンジャロの頂上ステラポイント(5756m)に到着!富士山に登ったことがある方は、分かるかもしれませんが、山頂が円形になっていて、頂上の最も高い所はウフルピークという所です。ステラポイントはまだゴールではありません。

山頂は風が強く寒い。体感ではマイナス10度位に感じます。ここから頂上の頂上、ウフルピーク(5895m)までの0.7kmを1時間で登ります。

 

ウフルピーク直前で朝日が雲から現れてきました。とても綺麗なのですが、きつくてゆっくりしか動けずカメラの準備も遅い。また、寒いのでバッテリーがすぐ無くなります。
キリマンジャロでは、バッテリーを体近くの暖かい所に入れておいてください!

標高5900mから見る朝日は神々しく、感動しました。

 

朝日がキリマンジャロにあたり、キリマンジャロの影が映し出されています。影富士ならぬ、影キリマンジャロ。

 

頂上近くに氷河がありました。奥には雲海。こんな景色、他では見られません。

 

ついにアフリカ頂点へ!

最後の力を振り絞り、頂点へ!ついにたどり着いた。ここまでのキツさと景色の美しさで涙がでそうでした。
頂上は風がとても強く、体感マイナス20度ほど。朝日に照らされた頂上の看板で記念撮影。

 

寒いので5分で下山開始。帰りはハイスピードです。

明るくなってこれまで登ってきた道が見えるようになり、その坂の傾斜と長さに驚愕しました。もし明るくて、登る前にこの坂が見えていたら、やる気を無くして登れなかったでしょう。暗い中ヘッドランプだけで登ってよかった。

 

昨日泊まったバラフキャンプに戻り、少し休憩したあとは、一気に下ります。標高3100mのムヴェカキャンプまで下山。4時間さらに歩きます。

ここはすべてくだりで、足がガクガクになりました。下りはトレッキングポールが合ったほうが膝に優しいです。

 

この日一日はとても長く、一番きつい日でした。登って良かったですが、もうキリマンジャロは登りたくなくなるほどキツかったです。。。

 

次は、キリマンジャロ登山、最終日。気になるチップです!

 

-Africa, Travel
-, ,

*

執筆者:


  1. Ann より:

    キリマンジャロ登ってみたい!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライプツィヒの巨大な動物園に行ってきました!

先月、チューリンゲンの山でトレイルランに参加してきたのですが、その途中でライプツィヒに寄り、動物園に行ってきました。ここは1878年に開かれた動物園で、動物たちは狭い檻に閉じ込めておらず、22ヘクター …

ノルウェーの絶景、トロルの舌とシェラーグボルテンに行ってきた!part2

  どうも、Inokatsu(@inokatsu567)です。前回書いたトロルの舌に続き、シェラーグボルテン(Kjeragbolten)へのハイキングをお伝えします。息を飲むほどの絶景と息が …

ノルウェーの絶景、トロルの舌とシェラーグボルテンに行ってきた!意外と怖くない?!part1

  どうも、Inokatsu(@inokatsu567)です。2015年の夏、ノルウェーの絶景、トロルの舌(Trolltunga)、シェラーグボルテン(Kjeragbolten)、プレーケス …

ハリー・ポッターのモデル!世界で最も美しいと言われるポルトの本屋に行ってきた

  昨日のポルトでのワインセラー巡りの投稿に続き、今日はハリーポッターのモデルになったと言われるポルトの本屋に行ってきた事についての投稿します。外から見ると、普通の建物なのですが、中に入ると …

絶景だらけのアイスランドでキャンプしてきました!DAY6。「黒い海辺と裏見の滝」

  今日はIceland6日目。DAY5の続きです。 黒い海辺とアイスランドの有名な滝めぐりです。 関連記事一覧絶景だらけのアイスランドでキャンプしてきました!DAY2。「吹雪で遭難」絶景だ …

ベルリン在住エンジニア。
海外でキャンプしたり、マラソンに参加したりしてます!

プロフィール詳細